美肌をつくるコラーゲンゼリー|事前にランキングをチェック

美容のための一杯

栄養補助食品

適材で適量を飲むこと

最近流行の置き換えダイエットの代表格とも言えるスムージー。野菜や果物を水と一緒にミキサーでかけて作ることができる、とてもお手軽簡単な飲み物です。でも、作り方や飲み方を一つ間違えると、体に悪影響を与えかねません。スムージーには入れていい野菜と駄目な野菜があります。入れるべき野菜は、緑色の濃い葉物野菜で、小松菜、春菊、セロリ、パセリ、レタスなどです。入れない方がいい野菜は、でんぷん質の多い豆類や芋類、かぼちゃ、キャベツ、ニンジンなどです。野菜や果物は皮ごと入れるようにします。そして混ぜるときは基本的に水のみで混ぜます。飲む時間帯の前後40分は食事は控えるようにします。食事をすると、スムージーで摂るはずの栄養素の吸収率が下がってしまうためです。そして一日1から2リットルを数度に分けて飲むようにします。朝作った分は、その日の夜までに飲むようにしましょう。

美容効果絶大

スムージーは、多くの野菜が入った飲み物です。ビタミンや繊維質がたっぷりと入っており、それらが撹拌されていることで体への吸収が良くなっています。まず、よく言われるのがダイエット効果です。朝食代わりにすると、スムージーの栄養を効果的に吸収できます。飲むときは、ゆっくりと噛むように飲むことで、満腹感を感じられやすくなります。次にアンチエイジング・美肌効果です。スムージーに含まれているビタミンが、お肌のシミやシワの予防に効果があるのです。そして便秘解消です。撹拌された野菜や果物の食物繊維が、体に消化吸収されやすくなっているため、便秘の解消に効果があります。スムージーは野菜を多く摂ることができるので、むくみ解消や血液がサラサラになる効果もあります。続けて毎日飲む習慣をつけることで効果も持続します。